足の小指の関節②

足の小指の関節②


足の小指の関節が、くっついている人が
多くなってきているとお話しましたが、
何故なんでしょう?


使う必要がなくなったのが1つの原因です。


人間に近いとされる、お猿さんは、足の小指も手のように機用に
使うため、しっかりと関節があるのですが、
人は足で物をつかむこともなくなった為、
小指の関節がそこまで必要なくなったと思われます。


もう1つは足にかかる負担が減ってきたから。


弥生時代の頃は、まだ足の小指も3つの関節だったのですが、
文明が発達してきて、足にかかる負担が減ってきたという事もあり、
だんだんと関節が減ってきたようです。


さらに現代人は、自転車、車の社会になり、
ますます足にかかる負担も減って、
急速にくっついている人が、増えてきているという訳です。


さらに関節だけでなく、足の小指の爪も小さくなってきています。
ひどい人は、爪がほとんどない人もいます。
これも、足にかかる負担が減ってきたせいでしょう。


でもこれで本当に良いのでしょうか?



 
 
 

新越谷カイロプラクティック院は地域No.1の整体・カイロ治療院を目指します

【おすすめ】をクリック
応援よろしくお願いします
 
 
整体・カイロの本格派治療院
越谷市南越谷 新越谷駅から徒歩1分
新越谷カイロプラクティック院

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中