姿勢⑲ 腰痛改善

姿勢⑲ 腰痛改善


次に②腰の反りすぎ防止についてお話します。


腰痛の人は一般的に腹筋を鍛えなさい!
って言われますよね。
これって何故なんでしょう?


実は腹筋が、腰が反りすぎないようにする、
ストッパーの役目があるからなんですね。


姿勢⑨でもお話しましたが、腰が反りすぎになると
腰痛を引き起こします。なので腰痛の予防には、
腰を反りすぎないようにする事がポイントになります。


腰はもともと前弯しているので、反りやすい性質があります。


さらに腰の骨のある前側は、ちょうどお腹のあたり、
胸なら肋骨があるので、壁ができているけれども
腰の骨の前は骨格的な支えがなく、あるのは内蔵と
腹筋だけ。


なので腹筋を使って前側から押さえつけないと
腰はどんどん反っていってしまうんですね。


特に反りやすく、さらに腰痛の原因になって
いる場所が腰椎と骨盤の境目。


ここがちょうどおへその下あたり、
つまり腹筋の下部なんですね。


なので腹筋でも特に下部が重要なんですね。


腹筋の下部を使ってしっかりと前側から腰を支える

腰が反りすぎにならなくなる

腰痛が改善する。


良い循環の始まりです。


 
 
 

新越谷カイロプラクティック院は地域No.1の整体・カイロ治療院を目指します

【おすすめ】をクリック
応援よろしくお願いします
 
 
骨盤矯正・O脚矯正なら
越谷市南越谷 新越谷駅から徒歩1分
新越谷カイロプラクティック院

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中