姿勢⑨ 腰の過剰前弯

姿勢⑨ 腰の過剰前弯


前回お話した、不良姿勢のなかでも最も多いのが
①の腰の反りすぎです。


腰の骨は5個あって、横から見て、前側が凸になるような
滑らかなカーブ(前弯)を描いているのが理想です。


なので、頭が前に移動している不良姿勢の人が、
姿勢を良くしようとするとき、腰をさらに反らすことで、
手っ取り早く頭を重心線に近づける事ができるんですね。


でも腰の骨への負担が大きく、体にはとても悪影響を
およぼします。


まず腰痛になり易くなります。
多いのが椎間関節症というタイプの腰痛です。
簡単に説明すると
腰が反りすぎて、腰の骨と骨との間(関節)が窮屈になって、
痛みがでる状態のことです。


腰痛がある人で、腰を反ると痛くて、丸めると和らぐ人は
このタイプの可能性が大きいです。


さらに進むと、椎間板のヘルニアだったり、ギックリ腰、坐骨神経痛にも
なり易くなります。
年配の方は脊柱管狭窄症の可能性も出てきます。


以上は痛みとして現れるタイプの悪影響ですが、
内臓にも悪影響が出ます。


続きは次回!

 
 
 

新越谷カイロプラクティック院は地域No.1の整体・カイロ治療院を目指します

【おすすめ】をクリック
応援よろしくお願いします
 
 
骨盤矯正の本格派治療院
越谷市南越谷 新越谷駅から徒歩1分
新越谷カイロプラクティック院

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中